トップ > 静岡 > 地域特集 > 三ケ日みかん 革新の軌跡

ここから本文

三ケ日みかん 革新の軌跡

 伝統産業の歴史はイノベーション(技術革新)の連続でもある。浜松市北区三ケ日町に近代的栽培技術が根を下ろしてほぼ百年。全国に名だたるミカン王国を築いた「革新の軌跡」をたどります。

最新の記事

写真

 ミカン畑に不似合いな雪が舞っていた。一月とはいえ、ここは暖国・大分県の国東半島だ。三ケ日町農協(浜松市北区)の柑橘(かんきつ)専任技術員、清水理(おさむ)(75)は、同行視察の若手農家らと不安に駆られていた。(2015年8月14日) 記事全文へ

[写真]

雪の中、大分県杵築市のパイロット事業を視察する三ケ日のミカン農家ら

 

PR情報

年別バックナンバー

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索