トップ > 静岡 > 地域特集 > 心のおと > 記事一覧 > 2018年の記事一覧 > 記事

ここから本文

心のおと

イルカの声

イルカとの時間がパワーの源です

写真

 声はすれども姿は見えず…。落語のせりふにありますが、もとはいとしい人を待ちわびる女性のやるせなさを詠(うた)った句のようです。

 夏になると、そんな気持ちがよーく分かります。海の中でキューキューとかわいらしい声が聞こえる。どこにいるの? どこから来るの? イルカたちよ!

 毎年、いとしいイルカに会うため、伊豆諸島の御蔵島(みくらじま)という静岡から南へ約160キロの島を訪れています。この島には野生のイルカが生息していて、ルールを守れば一緒に泳ぐことができるんです。

 海に入り、イルカが来るのを待つ。タイミングを合わせて一緒に泳ぐ。自分もイルカになった気持ちになって海の底を目指して潜ると、くるくると回って遊んでくれたりして、夢のような時間です。この旅があるから1年間頑張れる、私のパワーの源です。

 ただ、何しろ野生ですから、イルカたちの気分によっては、さーっと通り過ぎてしまうつれない時や、前述したように声は聞こえど姿が見えず、という時もあるんです。だからこそ、会えた時の喜びはひとしお。

 この感覚、実は日々静岡でも感じています。見えたり見えなかったり。だから見えた日は「やったー!」とうれしくなる感覚。そう、富士山です。いとおしさって、やるせなさとともに育つのかもしれませんね。

 また来年まで、イルカへのいとおしさをため込もう。そしてあわよくば、私もこんなじらしのテクニックを手に入れたいものです。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索