トップ > 静岡 > 地域特集 > 地域がつなぐ仲間たち > 記事一覧 > 記事

ここから本文

地域がつなぐ仲間たち

気になる子を持つ親のためのグループ「カモミール」(葵区) 交流通し癒やしの場

再開に向け、打ち合わせをする杉山さん(左)と小川さん=静岡市葵区の市番町市民活動センターで

写真

 「一緒に、おしゃべりできる仲間がいるだけで気持ちが楽になるんです」。落ち着きがなく、育てにくいといった子どもを持つ親のためのグループ「カモミール」の代表で静岡市葵区の主婦杉山加世子さん(46)が言葉に力を込める。

 会は杉山さんが仲間二人と立ち上げて二〇一五年七月から、葵区の市番町市民活動センターで勉強会などを開催してきた。参加したのは、子どもが乱暴だったり、自分の考えを周りに伝えられなかったりといった悩みを抱える親たち。集中力がない子がいる一方、文章を書いたり絵を描いたりする分野などでは驚くべき集中力を発揮する子の親もいた。勉強会で、子どもらそれぞれの個性とどう向き合ったら良いか見つめあった。

 「発達に凸凹のあるデコボコちゃんの親は、水面下のネットワークで意見交換するのが実情。障害者とまでは言えず、公的支援が届かないグレーゾーンにいる子どもの親向けに勉強会を開きたかった」と杉山さん。自身と同じような境遇の親たちの癒やしの場、気持ちのよりどころになればと、良い香りのする草のカモミールを会の名前にした。家庭の事情でいったん活動を休止していたが、一九年度からの再開を目指し、葵区の保育士小川和美さん(54)の協力を得ながら準備を進めている。「気になる子を持つお父さんやお母さんと、進学のこと、思春期の接し方などおしゃべり会や勉強会などで一緒に学んでいきたい」と話す。(問)杉山さん=090(3154)3075

(白旗一貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索