トップ > 静岡 > 地域特集 > 地域がつなぐ仲間たち > 記事一覧 > 記事

ここから本文

地域がつなぐ仲間たち

シャッフルハウス(清水区) 生活困窮者を見守り

 「ここがあって良かった」。静岡市清水区渋川にある「シャッフルハウス」を昨年十一月、二十八歳の男性が巣立った。三カ月間暮らす間に、新たにアパートを借りる資金をためた。管理人の藤下品子さん(75)は「少しは役に立てたようね」と若者を見送った。

 シャッフルハウスは、藤下さんが理事長を務めるNPO法人泉の会が静岡市社会福祉協議会と連携し、生活困窮者を支援するために運営している。介護が必要であっても対象となる制度を使える年齢に達していない人や、仕事を探したいのに住む場所がない人らが再出発できるようになるまでの間、過ごしていく。施設名には「利用者が自立し、次々と入れ替わっていってほしい」という思いを込めた。

 施設は一軒家で風呂や台所、冷蔵庫などがあり、自炊もできる。活動一年目の二〇一六年度は、同協議会から要請のあった二十代から六十代の男性五人が三〜六カ月程度暮らした。

 家賃を滞納してアパートを追われたり、派遣切りに遭ったうえ住むところも無くなったりとそれぞれ、事情を抱えていた。三十年近く福祉に関わる藤下さんは親身になって、そうした悩みを持つ人らの世話を焼いた。「自立したい人が頼ってくれば、見守ってやりたい。できる間は続けていく」と話している。 

(白旗一貴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索