トップ > 中日新聞しずおか > 清香探撮(せいこうたんさつ) > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

清香探撮(せいこうたんさつ)

富士山 (1)2合目のダリア 華やか 天空彩る大輪

富士山を背に咲き誇るダリア=裾野市のぐりんぱで

写真

 「天空のダリア」が、夏から秋へ移りゆく富士山に彩りを添える。二合目(標高約千二百メートル)のすがすがしい空気に包まれた裾野市の遊園地「ぐりんぱ」。水上アスレチックや、子どもが楽しめる乗り物があり、家族連れでにぎわう。園内の三万株のダリアが見ごろを迎えている。

 花びらが幾重にも重なり、色鮮やかなキク科の花。品種改良で数万種もあるというが、ほとんどがあまり香りはしない。食事を邪魔しない利点があり、食卓に飾られることも多い。

 花びらに顔をいっぱいに近づけて嗅いでみると、ほのかな香りがする種類があった。花屋さんの前を通ったときに感じるわずかな香りに似ている。人にはほとんど分からなくても、昆虫には分かるようで、ハチやチョウが蜜を求めて花から花へと飛んでいた。

 開花状況を出している同園の土屋隆生さん(46)は「早朝、草のような匂いですが、むんむんと香ります。富士山の風が吹くと消えてしまいます」と話す。

 香りは少なくても、バラエティーに富んだ大輪の花々と、日本一の霊峰との競演は見応え十分。十月まで楽しめる。

写真・文 立浪基博

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

バックナンバー

2018

 
 

Search | 検索