トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

湖上の夜空彩る 浜名湖弁天島花火フェス

夜空とともに湖面を彩った浜名湖弁天島花火フェス=18日午後8時18分、浜松市西区舞阪町弁天島で(長時間露光で撮影)

写真

 浜名湖弁天島花火フェスが十八日、浜松市西区舞阪町の弁天島海浜公園で開かれた。約二千発の色とりどりの花火が湖上の夜空を彩り、詰め掛けた大勢の観客を魅了した。

 花火フェスは、二〇一三年を最後に資金難などによって幕を下ろした「弁天島海開き花火大会」の後継イベント。観光花火として半世紀続いた伝統行事を惜しむ地元の若手有志が実行委員会をつくり、一四年から毎年主催している。

 来年からは浜松市の助成金が切れるため、実行委は自主運営による継続開催を目指し、昨年に引き続きインターネットを通じて資金を募るクラウドファンディングを活用。約七十人から百万円超の支援を得た。

 新たな収入源をつくる試みとして、砂浜の特等席に最大一人二万円のソファ席を初めて設置し、六十席が完売した。高級シャンパン付きのソファ席で花火を見上げた名古屋市中村区の会社役員林隆教さん(45)は「こんなシチュエーションで花火をみるのは初めて。優雅でぜいたくな気分」と笑顔を見せた。

(酒井大二郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索