トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

ちびまる子マンホールふた 静岡市2カ所に設置

◆さくらももこさん寄贈

さくらももこさんが静岡市に寄贈したちびまる子ちゃんのマンホールのふた=静岡市役所で

写真

 まるちゃんの笑顔を足元に探しにおいで−。人気漫画「ちびまる子ちゃん」をデザインしたマンホールのふたが、近く、静岡市の繁華街2カ所に設置される。作者のさくらももこさん=静岡市清水区=が市側に呼び掛け、寄贈した。

 直径63センチの鉄製で、下水道用。帽子や服の違いで2種類あり、まるちゃんの背景に、静岡らしく、お茶や富士山、駿河湾が描かれている。清水区のJR清水駅西口のバス乗降所と、葵区の商業施設「新静岡セノバ」の南側の歩道に置かれる。

 全国各地で、ご当地マンホールぶたが人気を集めていることを知ったさくらさんが、昨年10月から市側に働き掛け、実現した。さくらさんは市を通じて「静岡にまる子のマンホールがあればかわいいなと市に相談させてもらった。皆さんに喜んでいただけるとうれしい」とメッセージを寄せた。

 田辺信宏市長は7日の定例会見で、まるちゃんの祖父・友蔵ら、ほかの登場人物のデザインも加え、全市的にマンホールぶたを配置する意欲を示し、「より一層、交流人口の拡大につながる戦略を立てていきたい」と話した。台湾で実写版も放映されるなど、ちびまる子ちゃんは海外でも人気が高い。静岡市内では、まるちゃんのラッピング電車も運行している。

(広田和也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索