トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

台風 石廊崎で風速42.9メートル

◆未明、東海に上陸へ

満潮時刻と台風接近が重なり、しぶきを上げて打ち寄せる波=28日、浜松市西区舞阪町で(川戸賢一撮影)

写真

 強い台風12号は二十八日、勢力を保って西にカーブしながら、静岡県の一部を二五メートル以上の暴風域に巻き込んで進み、午後九時ごろには浜松市も暴風域に入った。二十九日未明にかけて東海地方に上陸する見通し。県内では二十九日にかけて一時間に九〇ミリの猛烈な雨が降る所があり、静岡地方気象台は高潮や土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫への警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、二十八日午後九時までの最大瞬間風速は石廊崎で四二・九メートル、稲取(東伊豆町)で三五・二メートル、御前崎で二九・四メートル、菊川牧之原(菊川市)で二七・六メートルを観測した。稲取と菊川牧之原は七月の観測史上最大だった。

 気象庁によると、台風12号は二十八日午後八時現在、御前崎の南東約九〇キロを時速約三五キロで西へ進んだ。中心気圧は九六五ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は三五メートル、最大瞬間風速は五〇メートル。中心の北東側一三〇キロ以内と南西側九〇キロ以内が暴風域。

 静岡県内は二十九日明け方にかけて、雨が雷を伴い、非常に激しく降る所があるが、夕方から時々曇りとなる見込み。午後六時までの二十四時間予想雨量は多い所で、東部・伊豆四〇〇ミリ、中部三〇〇ミリ、西部二五〇ミリ。二十九日にかけての予想最大風速は陸上二五メートル、海上三五メートル。波の高さは最大九メートル。

写真

 気象庁によると、台風は上陸後、速度を落として異例の西寄りコースを取る。北海道付近にチベット高気圧と太平洋高気圧が張り出していて北や東には進めず、日本の南の上空にある反時計回りの空気の渦(「寒冷低気圧」「寒冷渦」)の力で西に押し出されたためだ。

 気象庁によると、統計がある一九五一年以降、東海、近畿、中国を東から西に向かって横断した台風はないという。今後は島根・山口両県周辺を進んで三十日夜には東シナ海に抜けるとみられる。

 西日本豪雨の被災地にも影響が出るとみられ、災害に備え、特別警報を待たず、自治体の勧告などに従って早めに避難するよう求めている。

◆鉄道運休相次ぐ 新幹線一時ストップ

写真

 台風12号の影響で、県内では二十八日夕方から鉄道の運休が相次いだ。二十九日も在来線が始発から運転を見合わせるなど影響が出る見込みだ。

 JR東海は二十八日午後六時ごろから、JR東海道線の熱海−豊橋間で運休。同九時以降は運休区間が米原まで延びた。東海道新幹線は強風の影響で午後八時十五分ごろから静岡−掛川間で断続的に運転を見合わせた。

 このほか、JR御殿場線の国府津−沼津間、JR身延線の富士−甲府間も午後三時ごろから運休した。

 県内のJR在来線は二十九日も始発から運転を見合わせ、線路の安全を確認した後、午前十時〜正午以降に運転を再開する予定。

 今回の措置について、JR東海静岡広報室は「雨や風が強まると列車を止める必要があり、線路沿いで土砂崩れの危険性もあり、安全確保のために見合わせた」としている。利用者にはホームページや各駅のホワイトボードで運行状況を案内した。

 その他の鉄道では天竜浜名湖鉄道や伊豆急行線、伊豆箱根鉄道駿豆線などが二十八日午後から夜にかけ全区間で運転を見合わせた。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索