トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

常葉大菊川 甲子園へ

島田商−常葉大菊川 東虎之介のサヨナラ打で甲子園出場を決め、喜ぶ常葉大菊川のナインと、マウンドでうずくまる島田商のエース小林史弥(右から2人目)=27日、草薙球場で(川戸賢一撮影)

写真

◆島田商にサヨナラ勝ち

 第百回全国高校野球選手権静岡大会は二十七日、静岡市駿河区の草薙球場で決勝があり、常葉大菊川が接戦の末に6−5で島田商にサヨナラ勝ちし、二年ぶり六回目の夏の甲子園出場を決めた。七十八年ぶりの出場を目指した島田商は、あと一歩及ばなかった。

 強力打線同士の対戦は息詰まるシーソーゲームになった。

 三回に先制した常葉大菊川が主導権を握ると、島田商は七回表に逆転。同点の八回表に再び勝ち越した。その裏、常葉大菊川が2点を挙げて逆転すると、粘る島田商は九回表に2死から出塁し、同点打で食らい付いた。常葉大菊川はその裏、2死満塁から遊撃手強襲のサヨナラ打で試合を決めた。

 平成最後となる全国高校野球選手権大会は八月五日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索