トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

日中の児童 仲良し交流 牧之原の萩間小で

ソーラン節を披露する萩間小の児童たち=牧之原市萩間小学校で

写真

 二〇二〇年東京五輪で中国のホストタウンになっている牧之原市で四日、中国の児童たちが萩間小学校を訪問し、五、六年生三十五人と親交を深めた。

 訪問したのは、中国・重慶市の二小学校の三〜六年生三十二人。萩間小の児童たちは、授業や給食、花壇づくりなど、普段の学校生活をコミカルに紹介し、同校伝統のソーラン節を踊った。中国側は代表の女児一人が中国伝統の踊りを披露した。日中混合チームでドッジボールの試合も行い、体育館に児童のはしゃぐ声が響いていた。中国の児童たちは学校給食も一緒に味わった。

 萩間小六年の山本優希(みずき)さん(11)は「違う国の子なので、最初はちょっと不安だった。会ってみたらみんなフレンドリーで、仲良くなれてうれしかった」と話していた。

 中国の児童たちは二〜四日に牧之原市に滞在し、観光施設を見学したり、お茶摘みを体験したりもした。

(佐野周平)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索