トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

袋井の魅力PR メロンタクシー運行始まる

◆「市内観光ツアー」出発式

テープカットをしてクラウンメロン観光タクシーの運行を祝う関係者=袋井市の県温室農協クラウンメロン支所で

写真

 県温室農協クラウンメロン支所(袋井市小山)が定めた「クラウンメロンの日」の六日、袋井市内でメロン柄のラッピングを施した観光タクシーの運行が始まった。同支所と袋井タクシー(同市山科)、市の協働事業で、初日は支所に関係者が集まって市内観光ツアーの出発式があった。

 特産のクラウンメロンを集客資源として活用し、観光客の誘致などを図るために、本年度はメロンやロゴマークなどが描かれた二台を用意した。通常のタクシー業務で走行してアピールするほか、毎月六日を挟んだ週末を中心に、市内の観光スポットを巡るツアーを実施する。

 オリジナルコース(半日)は遠州三山や農場、クラウンメロンを素材とした店などを訪問し、支所で温室見学やメロンの試食を楽しめる。豪華なプレミアムコース(一泊二日)ではオリジナルコースの見どころに加え、花見、花火、紅葉、初詣など四季折々の袋井の魅力を堪能できる。

 出発式で、中條文義支所長が「メロンのまち袋井の魅力を市内外にPRしていきたい」とあいさつ。テープカットの後、第一号の友人グループらがタクシーに乗り込んで出発した。

 同支所は、数字の「6」がメロンのつると果実の形に似ていることから、毎月六日を「クラウンメロンの日」、「6」が重なる六月六日を年に一度の「プレミアムクラウンメロンの日」としている。この日は支所に併設されたクラウンメロンカフェのオープニングセレモニーや、クラウンメロンクリームを使用したメロンパンコンテストなど多彩なイベントが行われた。(問)同支所=0538(42)4146

(土屋祐二)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索