トップ > 中日新聞しずおか > 静岡写真ニュース > 記事

ここから本文

静岡写真ニュース

虹色鮮やかアジサイ 10日、湖西でまつり

背丈ほどの高さまで伸びた株もあるアジサイ=湖西市新所で

写真

 湖西市新所の東小学校南側周辺のアジサイが見頃を迎えている。「新所水とみどりのプロジェクト」が二〇〇七年から植え続け、現在は十種三千七百本になった。十日の「新所あじさいまつり」で、満開を楽しめるという。

 同プロジェクトには地元の農業者や自治会、東小などが参加し、地域の環境保全を目的にした国の補助金で活動する。アジサイの手入れや周辺の草刈りなど、八百人ほどが関わる。初年度五百本だったアジサイは、今は水が張られた田の周辺二・八キロにわたって植えられている。

 まだつぼみの株もあるが、背丈ほどに伸びた株もあり、青や紫、赤紫、ピンク、白などさまざまな色の花が咲いている。

 十日は午前九時に東小校庭で開会式を開いた後、ウオークツアーを実施。ビオトープ観察や途中の池で草笛挑戦などを楽しみながら、アジサイの小道を歩く。イチゴアイスのおやつもある。

 開会式の会場では、先着三百人にアジサイの苗を無料配布するほか、木工工作も楽しめる。農工業用水として利用する豊川用水五十周年を記念したパネル展示、ミニ野菜市もある。

 プロジェクト代表の菅沼徳一さん(73)は「今年は花の色がいいので楽しみに来てほしい。活動を通して子どもたちが自然や地域の環境を守る心が育ってくれたら」と話している。(問)菅沼さん=090(6767)4005

(野村由美子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索