トップ > 静岡 > 中日レディーズサロン

ここから本文

中日レディーズサロン

 「中日レディーズサロン」は文化、教養、家庭、健康など私たちの生活の中で関心が高い問題について会員が共有、考えながら交流を深める場です。

 活動のひとつとして2カ月に1回、内外の著名講師を招いて浜松市内のホテルで講演会を開いています。会員は静岡県内の女性です。

入会案内
 

中日レディーズサロン

写真

 第百九十四回中日レディーズサロン(中日新聞東海本社主催)が四日、浜松市中区のホテルコンコルド浜松で開かれ、日常の片づけ術「断捨離」を提唱したやましたひでこさんが「『断捨離』快適な空間とごきげんな私づくり」と題して講演した。(2017年7月5日) 記事全文へ

 

次回のお知らせ

[ゲスト]
愛知専門尼僧堂堂長 青山 俊董さん
[テーマ]
たった一度の人生をどう生きるか
[日時]
2017年9月11日 月曜日 午後1時から
[場所]
ホテルコンコルド浜松

[愛知専門尼僧堂堂長 青山 俊董(あおやま・しゅんどう)さんの略歴]

1933年、愛知県一宮市生まれ。5歳で長野県塩尻市の曹洞宗無量寺に入門。15歳で得度し、名古屋市の正法寺(しょうぼうじ)・愛知専門尼僧堂で修行。この間、駒沢大学仏教学部、同大学院に学ぶ。曹洞宗教化研修所を経て、64年、愛知専門尼僧堂に勤務、76年から堂長。2006年、仏教伝道文化賞功労賞を受賞。09年、曹洞宗の僧階(教師の階級)「大教師」に尼僧として初めて就任。参禅指導、講演、執筆などで幅広く活躍。茶道・華道を通して一般の人たちに分かりやすい禅の普及に努めている。インド、米国など海外での活動も多い。『泥があるから、花は咲く』『悲しみの上に、人は輝く』など著書多数。

今後の予定

2017年11月20日(月)
   日本在宅ホスピス協会会長で小笠原内科院長の小笠原文雄(おがさわら・ぶんゆう)さん
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索