トップ > 静岡 > 中日レディーズサロン

ここから本文

中日レディーズサロン

 「中日レディーズサロン」は文化、教養、家庭、健康など私たちの生活の中で関心が高い問題について会員が共有、考えながら交流を深める場です。

 活動のひとつとして2カ月に1回、内外の著名講師を招いて浜松市内のホテルで講演会を開いています。会員は静岡県内の女性です。

入会案内
 

中日レディーズサロン

写真

 第百九十五回中日レディーズサロン(中日新聞東海本社主催)が十一日、浜松市中区のホテルコンコルド浜松で開かれた。愛知専門尼僧堂(にそうどう)(名古屋市)の堂長を務める青山俊董さん(84)が「たった一度の人生をどう生きるか」と題し、生きるヒントを語った。(2017年9月12日) 記事全文へ

 

次回のお知らせ

[ゲスト]
日本在宅ホスピス協会会長、小笠原内科院長 小笠原 文雄(おがさわら・ぶんゆう)さん
[テーマ]
「なんとめでたいご臨終」
[日時]
2017年11月20日 月曜日 午後1時から
[場所]
ホテルコンコルド浜松 2階 雲海の間

[日本在宅ホスピス協会会長、小笠原内科院長 小笠原 文雄(おがさわら・ぶんゆう)さんの略歴]

1948年岐阜県羽島市生まれ。名古屋大学医学部卒業。医学博士。大垣市民病院、名大病院、一宮市立今伊勢病院勤務を経て、89年岐阜市内に小笠原内科を開業。内科、循環器科を中心とした外来診療に加え、医師6人体制で24時間対応の在宅医療を行っている。在宅療養支援診療所連絡会の岐阜県、東海北陸の各会長を務めるなど、在宅医療を広めるための活動に取り組んでいる。2011年から日本在宅ホスピス協会会長。患者1000人以上をそれぞれの自宅でみとっている。著書に『上野千鶴子が聞く 小笠原先生、ひとりで家で死ねますか?』(共著)、『なんとめでたいご臨終』がある。

今後の予定

2018年1月19日(金)午後1時〜   俳優・紺野 美沙子 さん
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索