トップ > 静岡 > 教育のページ > 学校がつなぐ仲間たち > 記事

ここから本文

学校がつなぐ仲間たち

FM企画書 グループ討議 静大付属島田中学校

放送企画書についてグループ討議する3年生=島田市の静岡大付属島田中で

写真

 「さまざまな地域の生徒が学ぶ付属中の特徴を生かしたものに」「まじめで堅いイメージを払拭(ふっしょく)できる内容にしたい」。生徒たちの活発な意見が教室内を飛び交う。島田市職員による出前講座「名プロデューサーは君だ!」の一こまだ。

 市などが出資するFM島田は十月から、毎週日曜日に生放送の「サンデーフリートーク」をスタートする。市はその中の「学校紹介コーナー」への生徒の出演と番組の企画を依頼。出前講座は生徒による番組の企画書づくりを目的に開かれた。

 講座は三クラスごとに開かれ、三年生百二十人が参加。企画書づくりを通して互いのコミュニケーション能力を磨くのが学校側の狙いだ。市政策推進課の矢沢雅則課長がテーマと議論の進め方を説明。同課職員でFM島田パーソナリティーの寺田繭子さんが「『聞き上手は話し上手』を心掛けましょう」などと助言した。

 生徒らは五グループに分かれて企画書をまとめ、プレゼンテーションをして、質疑応答の中で企画を練り上げた。市は三クラス、計十五のグループの提案の中から一件を選び、十一月二十五日に放送予定の番組企画の原案にするという。

 担当の早馬忠広教諭は「生徒が社会参加への意欲を育むきっかけになれば」と期待する。矢沢課長は「企画書を考える中で人にメッセージを伝えることの大切さを感じてもらえたら」と話している。

(土屋祐二)

【静大付属島田中学校】

熊倉啓之校長

生徒数360人

島田市中河町169

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索