トップ > 静岡 > 静岡けいざい

ここから本文

静岡けいざい

写真

 不動産会社のユノアールイー(浜松市中区)と、システム開発を手掛ける静岡大発ベンチャーのプログメイト(同)が、集合住宅の出入り口に設置するデジタルサイネージ(電子看板)を共同開発した。(2019年1月19日) 記事全文へ

[写真]

当日収集されるごみの種類や天気予報などを表示するデジタルサイネージ=浜松市中区で

 
写真

 手軽さと安さを売りにするインターネット通販が存在感を高める小売業界。県内の三百貨店は、おもてなしと豊富な商品知識で顧客に最上の一品を提案する販売員が売り上げを支える。「この人から買いたい」と思わせる魅力の源は何か。接客に定評のある各店の販売員を訪ねて探った。(2018年11月21日) 記事全文へ

[写真]

遠鉄百貨店の接客コンテストで優勝した「ゾフプラス」販売員の上野あいさん=浜松市中区で

 
写真

 浜松で三十六年間、ドレッシングだけを作り続けるガリバーフーズ(浜松市東区)。看板商品の「野菜村」シリーズは、「野菜嫌いの子どもをなくす」という創業の精神を守りつつ、三代目が新風を吹き込み、一気にファンを増やしている。(2013年8月17日) 記事全文へ

[写真]

特徴的な風味の商品をそろえて事業拡大に意欲を燃やす赤堀崇社長=浜松市東区のガリバーフーズで

 
写真

 遠州鉄道(浜松市中区)の斉藤薫社長(66)は、四〜六月にJR各社と県などが展開する観光誘致事業「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」を好機とし、浜松独自の食文化を生かして地域を活性化する意気込みを示した。 −二〇一八年を振り返って。(2019年1月18日) 記事全文へ

[写真]

観光の活性化へ「食で人を呼び込みたい」と語る遠州鉄道の斉藤薫社長=浜松市中区で

 

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索