トップ > 静岡 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

カーネーションの開花が本格化 河津

◆1万4000株が色の共演

開花が本格化したカーネーション=河津町のかわづカーネーション見本園で

写真

 河津町田中の町営「かわづカーネーション見本園」で栽培しているカーネーションの開花が本格化し、来園者を楽しませている。一般公開は五月十二日まで。

 同町は県内を代表するカーネーションの産地で、見本園は栽培技術の研究や花の魅力を発信する拠点として二〇〇三年に開園した。三棟の温室千五百平方メートルには、未出荷の試作品と町内で出荷されている計三百三十二品種一万四千株を栽培している。

 今季は比較的温暖な気候が続いたため生育は極めて順調で、栽培管理者の飯田進さん(71)は「全体の花の咲き具合は開園以来最も良い」と話す。現在は、赤紫色のパープルスカイや黄色のミモザといった早咲きの品種が見頃を迎えている。花びらが異なった色で縁取り状になっている新品種も楽しめる。見頃のピークは二〜三月の見込み。

 開園は午前九時〜午後四時。原則水曜休園で、河津桜まつり期間中(二月十日〜三月十日)は無休。一般三百円、小中学生百円。(問)町産業振興課=0558(34)1946

(中谷秀樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索