トップ > 静岡 > 12月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

高齢者に弁当届け30年 二俣の「げんき会」

◆毎月1回、手紙を添え50食

独居のお年寄りに届ける弁当を作る会員=浜松市天竜区二俣町で

写真

 浜松市天竜区二俣町の独居のお年寄りに届ける弁当を作る同町のボランティアグループ「げんき会」が三十年目を迎えた。会員も高齢化が進むが、活動を続けたいと意欲的だ。 

 六十〜八十代の二十二人で活動し、結成時からの会員も五人いる。毎月一回、市二俣協働センターの調理室で五十食ほどを作り、俳句や季節感のある絵を描いた包装紙でくるみ、手紙を添えて、一食二百円で昼時に民生委員が利用者宅に届けている。

 一日は会員がエビフライやポテトサラダ、フルーツゼリーなど六品を作り、彩り良く箱に詰めた。会長の西田躬穂(みほ)さん(71)は「おいしかった、ありがとうの声がうれしい。会員同士で料理を通じた交流もできる」とやりがいを話す。

 会は節目として活動紹介のA4判の小冊子を作り、公共施設に置いた。今後の担い手確保につなげたい思いもあり、西田さんは「利用者の安否確認にもなる。これからも続けていきたい」と話した。

(島将之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索