トップ > 静岡 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

感性彩る絵本原画 中区の雑貨店で展示

優しい色使いの原画が並ぶ会場=浜松市中区の四季彩堂根上り松店で

写真

 浜松市中区鴨江の大学生原田真樹(まさき)さん(27)が物語を創作した絵本の原画展が、中区鴨江の雑貨店「四季彩堂根上り松店」で開かれている。発達障害があり読み書きは苦手だが、小学生の時に考えた話を絵本化。プロのイラストレーターが手掛けた原画二十点を展示している。

 原田さんは、小学一年の時に、宇宙から降ってきたたまごの起源を探る「ほっちくんのたまご」、小学二年の時に、城から落ちたお姫さまを王子さまが救出する「おうじさまとおひめさまのおはなし」を創作した。物語は二〇〇四年に絵本化し、イラストレーターの渡辺宏さんが絵を担当した。

 原画展は「ほっちくんのたまご」の誕生二十周年を記念して開催。優しい色使いの両作品の原画が並ぶほか、原田さんが作ったフラワーアレンジメントや水彩画約四十点も併せて展示している。

 原田さんは現在、通信制の星槎大で学ぶ。母の好美さん(54)によると、原田さんは先天的に読み書きは苦手だが、感受性は豊か。小学生時代に作った二つの物語は、好美さんが話を聞いて書き留め、絵本化にこぎ着けた。好美さんは「作品に癒やされて、心にゆとりを持ってほしい」と話した。

 十四日まで。午前十時〜午後八時。入場無料。(問)四季彩堂根上り松店=053(488)8888

(糸井絢子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索