トップ > 静岡 > 9月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

小中生の発明37点 クリエート浜松で展示

創意工夫あふれる作品が並ぶ会場=浜松市中区で

写真

 浜松市内の小中学生が考案した発明品を展示する「浜松市小・中学生発明くふう優秀作品展」(中日新聞東海本社後援)が同市中区のクリエート浜松で開かれている。片手でも体を洗いやすくしたタオルなど、自由な発想で生み出された作品が並ぶ。

 ものづくりを通して子どもの創造性を育もうと、浜松科学館と地元の経済団体「浜松経済クラブ」が主催。市内の小中学校から約四百点の作品が集まった。このうち、審査会で選ばれた特賞十二点、優秀賞十点、入選十五点の計三十七点を展示している。

 特賞の中でも、最優秀の市長賞を受賞したのは、和田小六年鈴木美華さんの「すーいすいすいじょうぎ」と、開成中二年田立(ただち)楓果さんの「介護洗体タオル」。

 鈴木さんは、箸入れに直角に定規を接着し、線が曲がることなく引きやすいようにした。田立さんは、椅子に敷くマットにタオルの端を付けて固定。体の不自由な人でも片手で背中を洗えるようにした。

 展示は二十四日まで。

(糸井絢子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索