トップ > 静岡 > 9月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

浜松にビーチバレー場 市補正予算案

ビーチバレー・ビーチテニス場の整備予定地(中央の芝付近)=浜松市南区江之島町で

写真

 浜松市は六日、二〇一八年度一般会計に三十六億八千四百万円を追加する九月補正予算案を発表した。南区の遠州灘海浜公園江之島地区に、市内の公共施設では初のビーチバレー・ビーチテニス場を整備することを決め、調査・設計業務委託費四百九十万円を盛り込んだ。一九年夏の供用開始を目指す。

 市は遠州灘や浜名湖を生かし、「ビーチ・マリンスポーツの聖地」としてのブランド戦略を描いている。大会や合宿を誘致して市の魅力を発信し、ベンチャー企業誘致や移住促進につなげるのが狙い。江之島地区での施設整備は第一弾。鈴木康友市長は記者会見で「(ブランド確立の)全体的な事業はこれから具体化するが、まずはできるところから取り組む」と述べた。

 ビーチバレー・ビーチテニス場の予定地は屋内温水プールがあった場所で、予算案が通れば実施設計に入る。老朽化で廃止した競技用プールも近くにあり、同地区の再整備計画も作る。

 補正後の一般会計予算額は三千三百三十三億四千二百万円、特別会計と企業会計を含む総額は六千百六十三億八千五百万円となる。

写真

 倒壊の恐れがある市立小中学校のブロック塀の撤去・改修などには三億七千五百万円を計上した。小学校三十校、中学校四校にある高さ八十センチ以上のブロック塀などを撤去し、新たにフェンスを設ける。他の公共施設八十四施設でも同様の措置を取るほか、民間施設への補助も盛り込んだ。一八年度内に作業を終える見込み。

 地盤沈下し、最大で約一・三メートル傾いている市立三ケ日中学校グラウンド(北区)の改修費用には一億百七十万円を計上。西、北、南側に擁壁を設けて盛り土し、一九年三月までの工事完了を目指す。

 一九年のNHK大河ドラマ「いだてん」を活用した観光誘客に三千四百六十万円を盛り込んだ。いだてんは、日本水泳界発展の礎を築いた浜松市出身の田畑政治(まさじ)さんを取り上げることから、中区の旧「浜松出世の館」にコーナーを設け、田畑さんの功績を紹介したり、イベントを開いたりする。

 市議会九月定例会には二十三議案などを提出する。市情報公開条例と市個人情報保護条例で規定する請求権について、乱用が認められた場合に「拒否できる」と明記した条例改正案も盛り込んだ。

(篠塚辰徳)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索