トップ > 静岡 > 9月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

県障害者スポーツ大会 選手代表が宣誓

選手宣誓する小田陸人選手(左)と小林里彩子選手=静岡市駿河区の県草薙総合運動場陸上競技場で

写真

 県内最大の障害者スポーツ大会「わかふじスポーツ大会」(県など主催、中日新聞東海本社後援)の総合開会式が二日、静岡市駿河区の県草薙総合運動場陸上競技場で開かれた。

 今年で十九回目。開会式では、陸上100、200メートルに出場する小田陸人選手(16)=天竜高校二年=と、800、1500メートルの小林里彩子選手(15)=長泉町長泉中三年=が「正々堂々と競技することを誓います」と宣誓した。この日は陸上競技があり、選手たちは長距離走や走り高跳びなどの各種目でしのぎを削った。

 大会は、八月二十六日〜九月三十日に県内各地で開かれる十七競技に選手三千二百人が出場。来年十月に茨城県である全国障害者スポーツ大会の選考も兼ねている。

(広田和也)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索