トップ > 静岡 > 8月31日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

浜松城北工高の糟谷さん 情報技術検定特別表彰

特別表彰を受賞した糟谷虎太朗さん=浜松市中区の浜松城北工高で

写真

 ハードウエアやプログラミングの詳しい知識が求められる情報技術検定で、成績優秀者に贈られる「特別表彰」に浜松城北工業高校(浜松市中区住吉)の二年糟谷虎太朗さん(16)が輝いた。同検定には一〜三級に全国で一万一千人が受検し、一級に合格した糟谷さんは全国で二人だけの特別表彰も受けた。

 糟谷さんは同校のコンピューター部に所属。「部活の先輩や同級生と切磋琢磨(せっさたくま)しながら勉強できた。みんなのおかげです」と謙虚に話した。同部顧問の森下博正教諭(54)は「寡黙で努力家。向上心がずばぬけている」と手放しでたたえた。

 ものづくりに興味のあった糟谷さんは同校の機械科に進学。同部は電子科や電子機械科の生徒が多いが、仲の良かった友達に誘われ入部した。プログラミングの知識は全くなかったが、友人たちと競い合う環境の中で徐々にのめり込み、今では部員からも頼られる存在となった。

 検定は年に二回開かれる。一級は二百点満点中、七割以上正解すれば合格。95%以上を正解すれば特別表彰の対象となる。糟谷さんは百九十一点で、全国でほかに受賞したのは北海道の高校二年生だけだった。

 糟谷さんは十月に国家試験の応用情報技術者試験を控え、日々研鑽(けんさん)に励む。将来の夢はまだ決まっていないが、「今はやれることをやるだけですね」と言葉少なに笑顔を見せた。

(鎌倉優太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索