トップ > 静岡 > 8月31日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

浜松の小中学校 始業式ピーク

絵日記を見せ合いながら、夏休みの思い出を発表し合う児童たち=浜松市東区の和田小で

写真

 浜松市の小中学校で三十日、二学期の始業式がピークを迎え、児童や生徒たちが久しぶりの級友との再会を喜んだ。

 東区薬師町の和田小では六百七十八人が体育館で式に臨んだ。各学年の代表者が「リコーダーや鍵盤ハーモニカを頑張りたい」「掛け算九九を覚えたい」と次々に新学期の目標を語った。

 山下直行校長は、山口県で行方不明になった二歳の男の子を救出したボランティア活動家の尾畠春夫さんの話題を例に出し、「身の回りの小さなことから誰かのためにできることを見つけましょう」と呼び掛けた。

 式後には児童たちは各教室に戻り、宿題を提出したり新しい教科書を受け取ったりした。一年四組では、お互いに絵日記を手に「沖縄に行った」「川でアユを釣った」などと、夏休みの思い出を発表し合い、笑顔を見せていた。

 市教委によると、市内の小中学校では二十七日から始業式が始まっており、三十日は計七十九校で式が開かれた。

(鎌倉優太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索