トップ > 静岡 > 8月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

南極観測船「しらせ」清水寄港 きょう、あす一般公開

清水港に寄港した南極観測船しらせ=静岡市清水区で

写真

 南極に研究者や物資を輸送する観測船「しらせ」が二十四日、十八年ぶりに静岡市清水区の清水港に入港した。港振興のために県や市が誘致した。二十五、二十六両日午前十〜午後三時に一般公開される。

 しらせは文部科学省に所属し、海上自衛隊が運用している。南極の氷に体当たりして砕きながら進むことから「砕氷艦」とも呼ばれる。二〇〇〇年に入港したのは初代しらせで、現在の二代目は初の寄港。十一月の南極への出航に向け、隊員らが訓練を積んでいる。

 清水マリンターミナルで歓迎式典があり、宮崎好司艦長が「台風にもまれて良い訓練になった。先代しらせから十八年ぶりに入港できてうれしい」とあいさつした。

 一般公開では、船の甲板や、南極から持ち帰った石を見学したり、ブリッジからの眺めを楽しんだりできる。予約不要。(問)自衛隊静岡地本広報室=054(261)3151

(瀬田貴嗣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索