トップ > 静岡 > 8月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

視点 2018夏の甲子園 常葉大菊川

◆真価問われた3回戦

 どんなに優れた走力、守備力、打力をもってしても、弱体投手力を補うには限界があり勝利はおぼつかない。常葉大菊川の甲子園三回戦敗退は野球の常識を再認識させるものだった。

 130キロ台のストレートしか投げられない投手でも術はある。コントロールよく、チェンジアップ、ツーシーム、カットボールなど小さな変化で打者のタイミングをずらし、バットの芯を外すボールを操れれば、失点を最小限に抑え、勝利に貢献する投球は可能だ。しかし、残念なことに菊川の漢人友也、榛村大吾両投手には球威不足を補う工夫の跡が見られない。県大会で見る限り、「甲子園で打たれなければいいが」という心配が先立つほど心もとなかった。

 幸いにも一、二回戦は事なきを得た。甲子園を知る監督同士の会話に「クジ運次第で準々決勝まではいけるね」というのがある。しかし、パワーアップ、レベルアップした最近の高校球界では三回戦あたりからが本番。弱点がえぐりだされ、真の実力がなければ突破は不可能と思える。

 近江との三回戦では一回裏、近江の攻撃から試合が動いた。2死一塁から四番北村恵吾選手の右中間二塁打で1失点。三、五、七回、北村選手に4安打を浴びて6失点。いずれも2死からで、策を講じればここまで深手を負わずに済んだはずだ。

 「逃げたくなかった」という心意気と「コースを突けば打ち損じがあるのでは」という淡い期待に賭けた菊川バッテリー。近江の戦いぶりをビデオで確認することもなく試合に臨み、「選手がやりたいことをやらせるのが僕の理解する菊川野球」と言う高橋利和監督からの指示はなし。ふと「勝つは偶然、負けるは必然」の言葉が口をついた。

 追いこまれた時こそ、チームの弱点と問題点が浮かび上がる。菊川に見る一種の放任主義は逆境に弱い。攻撃についても同様で近江の先発、林優樹投手のピッチングに翻弄(ほんろう)され続けた。

 林投手は前述の球速不足を補うテクニックを習得していて多彩な変化球を駆使してキレも抜群。精度の高いボールを打者の内、外に投げ分け、打者はボールを芯で捉えられずに手も足も出ず、菊川打線は五回まで無安打、10三振。打線を引っ張ってきた奈良間大己選手が封じ込められては七回の1得点が精いっぱい。九回に二番手投手から3点を取ったが大勢に影響なく4−9で終了。最後までチーム一丸で投手に立ち向かう姿勢は見られなかった。

 問題は攻守にわたって格の違いを見せつけられた敗戦から何を学びとるかだ。「各打者が思い切りバットを振って楽しんでくれればいい」というのでは、レベル以下の投手には通用しても多くは望めまい。

(磯部修三・高校野球解説者)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索