トップ > 静岡 > 8月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

新居・龍谷寺で親子座禅会

静かな時間を過ごした座禅会の参加者=湖西市新居町で

写真

 夏休み親子座禅会が、湖西市新居町の龍谷寺であり、残暑の中、小さな子らも足を組み静かな時間を過ごした。

 子どもたちが自分に向き合う時間を持ってほしいと夏休みに毎年開いている。湖西や浜松、袋井市などから約六十人が参加した。

 谷和憲住職(53)が体と呼吸と心を整える座禅の目的について話し、「目は閉じず開かずの半眼で。心の中で十まで数えるのを繰り返して呼吸に集中しましょう」と指導。子どもたちは座布団とクッションを使ってあぐらをかき、背筋を伸ばして呼吸を整えた。

 二歳の子も挑戦。体を動かしてしまう子もいたが、皆静かにしたままで約二十分間、落ち着いて取り組んだ。湖西市新居中三年の杉本祐奈さん(14)は「小学校時代は毎年来ていて今回久しぶり。部活が終わって悔しいけれど、座禅で心が落ち着けて気持ちが良かった」と話した。

 座禅後は、新居町災害ボランティアの防災講座を開催。クイズに挑戦しながら防災の知識を身に付けていく教材「ぼうさい駅伝」をしたほか、猫砂を使ったトイレの作り方など防災についての話を聞いた。最後には境内で檀家(だんか)総代らが用意した流しそうめんが振る舞われ、皆大喜びで箸を伸ばしていた。

(野村由美子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索