トップ > 静岡 > 8月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

掛川の介護予防サポート隊 初の出前講座

「茶ちゃっとサポート隊」による健康トレーニングに励む参加者ら=掛川市久保で

写真

 掛川市の介護予防ボランティアグループ「茶ちゃっとサポート隊」の健康セミナーが三日、同市久保の西南郷地域生涯学習センターであった。自立を支える足腰や腹筋、腕力などを鍛えるトレーニングを、お年寄りら二十九人に指導した。

 サポート隊には、市の介護予防講座を修了した三十人が登録され、六十五歳以上を対象に健康づくりの手伝いをしている。過去二年は市内二会場で月二回セミナーを実施してきたが、本年度から四会場に増やすほか出前講座も始めた。

 初めての出前講座となった同センターには、サポート隊員八人が訪問。加齢に伴う筋肉の衰えをパネルを使って紹介した。トレーニングでは、足踏みやスクワットなどの基本運動に続き、椅子に座って膝でボールを挟んだり、ゴムチューブを引っ張ったりして筋力アップや関節の可動域を広げる運動を行った。

 保健師の大嶋亜希さん(34)は「運動を一人で続けるのは難しいが、仲間と一緒なら継続しやすい。各地域でトレーニングを広めて、健康寿命の延伸につなげたい」と話した。

 サポート隊は出前講座を希望する市内のグループを募っている。(問)市健康長寿課予防支援係=0537(21)1142 

(赤野嘉春)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索