トップ > 静岡 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

ラグビーW杯 迫力のプレー写真でPR

◆エコパ周辺に広告板お目見え

NSKワーナーの壁面にお目見えしたラグビーW杯の試合をPRする大型写真=袋井市愛野で

写真

 二〇一九年秋に日本で初開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の会場の一つとなるエコパスタジアム(袋井市)の周辺で十三日、W杯をPRする大きな写真がお目見えした。

 設置場所は、JR愛野駅とエコパスタジアムを結ぶ遊歩道沿いの自動車部品メーカー「NSKワーナー」の壁面と、エコパスタジアムエントランス広場の二カ所。一九年W杯でオフィシャルスポンサーを務めるキヤノンが、耐水や耐光に優れた用紙を使って作製し、エコパで試合を行う八チームが過去のW杯に出場した際の迫力あるプレー写真を使っている。

 NSKワーナーの壁面は高さ三メートル、幅十七メートルで「南アフリカ対イタリア」(一九年十月四日)「スコットランド対ロシア」(同十月九日)「オーストラリア対ジョージア」(同十月十一日)の三試合を、エントランス広場では高さ三メートル、幅十メートルで「日本対アイルランド」(同九月二十八日)をそれぞれ紹介している。

 掲出期間は四カ月程度を予定しているが、写真を替えるなどしてW杯直前までの延長も検討しているという。NSKワーナー経営企画本部の夏目幸彦副部長は「W杯会場に近い会社ということもあり、大会成功に向けて盛り上げの一助になればと思った」と話していた。

(高柳義久)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索