トップ > 静岡 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

東海高校総体出場 浜名、浜北西の選手が抱負

関係者に向けて健闘を誓う生徒ら=浜松市浜北区の浜名高校で

写真

 三重県や愛知県で十五〜十七日に開かれる東海高校総体に出場する選手の激励会が十二日、浜松市浜北区内の二つの高校で開かれた。

 浜名高校は陸上に八人と女子ソフトテニスに八人、男子ソフトテニスに二人、剣道に十七人を送り出す。

 同校同窓会の名古政昭会長は校訓の一部を紹介し「『若き日をかくこそ惜しめ』の言葉を胸に頑張って」と激励。選手代表で女子テニス部主将の三年石橋咲良さんは「浜名の名を自覚し、コートの外でも中でも全力で頑張る」と誓った。

意気込みを見せる選手=浜松市浜北区の浜北西高校で

写真

 浜北西高校は、陸上の男子3000メートル障害、男子5000メートル競歩、女子やり投げに各一人が出場する。

 同校同窓会の柴田信雄会長が「やろうと思えばやれる。ベストを尽くして」と声を掛けると、選手を代表し男子3000メートル障害に出場する三年鈴木晴之進さんが「普段の練習の力を十分に発揮し、記録を更新する」と、言葉に力を込めた。 

(宮沢輝明)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索