トップ > 静岡 > 5月16日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

浅間大社ライトアップ 観光客歓声

ライトアップされた拝殿(手前)と本殿(奥)=富士宮市の富士山本宮浅間大社で

写真

 世界文化遺産・富士山の構成資産の一つ、富士山本宮浅間大社(富士宮市宮町)で十四日夜、本殿と境内の湧玉池のライトアップが始まった。二十二日まで。

 ライトアップは、県とJR各社が二〇一九年四〜六月に展開する観光誘致事業「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」のプレ企画の一環で、点灯式には元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジさんも出席した。

 ダグワドルジさんは「本場所より緊張しています」と笑わせながら登場。富士・富士宮地域の知人らと十三年にわたる付き合いがあるといい、「富士山や浅間大社にさまざまな人が足を運び、もう一度来たいという気持ちになってくれればうれしい」と話した。

 カウントダウンに合わせ本殿が照らされると、集まった人たちからは「おお」と歓声が上がった。湧玉池に架かる橋が水面に映る幻想的な光景も人気を集めた。

(前田朋子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索