トップ > 静岡 > 2月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

省エネ家電購入応援 浜松市がキャンペーン

写真

 家庭の古い大型家電を買い替えて、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)の排出量削減に一役買ってもらおうと、浜松市は二〇一八年度、市内の家電量販店や電器店を巻き込んで、省エネ性能の高い最新型の大型家電を買った人を対象に省エネ家電が抽選で当たるキャンペーンを実施する。

 市環境政策課によると、キャンペーンは十〜十二月に繰り広げる。現時点で、抽選の応募対象となる大型省エネ家電、抽選で当たる家電の商品は決まっていない。

 検討されている大型家電は、省エネ効果の高い冷蔵庫のほか発光ダイオード(LED)照明器具やエアコン。最新型冷蔵庫は十年前と比べ47%の節電効果がある。LED照明器具も同じ明るさの一般的な電球と比べて消費電力量が85%少ない。

 担当者は「買い替えを促したいので、省エネ家電でもテレビのような買い増しが考えられる商品は対象から外すかも」と話す。

 一方で抽選で当たる商品は、キャンペーンの趣旨に賛同し、協力してくれる家電販売店から募る。既に同様の取り組みを手掛ける神奈川県は一六年度、空気清浄機や電子レンジ、ロボット掃除機など百点を用意し、六百七十件の応募があったという。

 浜松市内の家庭から出る年間CO2量は一九九〇年から二〇一三年にかけて56%増えた。市は昨年、一三年を基準に年間CO2量を三〇年までに18・5%削減する目標を立てた。

 担当者は、二千円のLED電球と百円の白熱電球は九カ月(千五百時間)の利用で、電気代を合わせた総経費が逆転する例を示し「省エネ家電は初期投資が高くても長い目で見ると家計と環境に優しいということを、この機会に広めたい」と話す。

(末松茂永)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索