トップ > 静岡 > 2月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

河津桜まつりが開幕 見頃は月末ごろ

一分咲きで花がまばらな、まつり会場の河津桜=河津町で

写真

 早咲き桜の名所で知られる河津町で十日、河津桜まつりが開幕した。三月十日まで。町観光協会によると、今年は寒い気候が続いた影響で開花のペースは開幕時にほぼ満開だった昨年より十日ほど遅く、現在は一分咲き。見頃は二月末を見込む。

 河津桜はソメイヨシノに比べてピンク色が濃く、開花期間が比較的長い。会場の河津川沿いの約四キロには八百本の桜並木が広がる。

 まつりは二十八回目。関東方面からのドライブ客や外国人観光客に人気で、昨年は一カ月間で九十三万六千人が押し寄せた。

 開幕式典で岸重宏町長は「まつりを盛り上げ、来場者を百万人の大台に押し上げたい」とあいさつした。この日は、ほとんどがつぼみで花はまばらに咲く程度だった。

 河津川沿いは期間中の午後六〜九時にライトアップされ、夜桜も楽しむことができる。会場周辺は百五十軒の露店が並び、観光交流館近くの一角でご当地グルメのイベントが十二日まで開かれる。問い合わせは町観光協会=電0558(32)0290=へ。

(中谷秀樹)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索