トップ > 静岡 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

清水庁舎移転新築 静岡市が構想案発表

◆13日から意見公募

 静岡市は九日、市役所新清水庁舎建設基本構想案を発表した。現庁舎よりも規模を縮小した上でJR清水駅東口公園に新築する。十三日から三月十四日まで意見公募(パブリックコメント)を実施する。

 基本構想案では、これまで清水庁舎にあった経済局や教育局、子ども未来局を静岡庁舎へと移転。九百六十人いた職員を六百〜六百五十人程度にし、約二万三千平方メートルあった庁舎面積を34%減らし最大約一万四千平方メートルへと削減する。二〇一八年度に基本設計し、二二年度の完成を目指す。移転理由として、市はJR清水駅周辺の活性化などを挙げている。

 構想案は、市ホームページや市内三区の市政情報コーナーなどで閲覧できる。案に対する意見は、専用の応募用紙に記入し、市アセットマネジメント推進課宛てに郵送やファクスなどで送る。

 意見公募初日の十三日朝は、田辺信宏市長らがJR清水駅でリーフレットを配り、意見提案を呼び掛ける。問い合わせは、アセットマネジメント推進課=電054(221)1167=へ。

(沢井秀之)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索