トップ > 静岡 > 2月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

県内各地 一面真っ白

◆積雪量は御殿場12センチ、天竜水窪3センチ

茶畑を白く染めた雪=静岡市葵区下で

写真

 前線を伴った低気圧の影響で、県内は二日、東部と伊豆地方、山間地を中心に雪が積もった。静岡地方気象台によると、一日夜から明け方にかけての積雪量は最大で、御殿場市で一二センチ、静岡市葵区井川で五センチ、浜松市天竜区水窪で三センチなどとなった。

 中日本高速道路によると、東名高速道路の大井松田インターチェンジ(IC)−沼津IC間で除雪作業による速度規制を行った。東富士五湖道路は一日午後十時から全線で通行止めになったが、二日正午に解除された。

 JR東海によると、小田急新宿−御殿場間の特急「あさぎり」の上下二本が運休した。

 県警交通企画課によると、県内では一日正午〜二日午前九時半で、積雪や路面の凍結が原因とみられる事故が十六件あった。このうち、富士宮市大中里の国道469号では軽トラックと乗用車が正面衝突し、軽トラックの三十代男性が首に軽いけがを負った。

    ◇

 静岡市近郊でも雪が積もった。同市葵区下の賤機中学校前では、教諭の福島和大さん(25)が「雪で遅刻する生徒がいた。赴任して三年だが、こんなに雪が積もったのを見るのは初めて」と驚いた様子だった。葵区福田ケ谷の大塚岩雄さん(75)は「子どもの頃から住んでいるが、ここ十年こんなに雪が積もった覚えがない。今日の雪は多い」と話していた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索