トップ > 静岡 > 1月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

タイ政府職員 富士の産業センター視察

◆中小企業の支援策など学ぶ

小出宗昭センター長(右)に質問し、熱心にメモを取るタイ政府職員ら=富士市永田北町で

写真

 国際協力機構(JICA)がタイで実施する中小企業支援普及事業の一環で、タイ政府の職員八人が二十四日、富士市産業支援センター(エフビズ)を視察し、地方自治体主導の中小企業支援の在り方を学んだ。タイからの視察は初めてという。 

 訪れたのは、いずれも工業省産業振興局の職員。エフビズの支援で、性的少数者向けにタイの機能的な衣料を扱う輸入販売業を立ち上げた安藤嘉晃さん(39)夫妻も同席し、エフビズ起業支援プロセスや安藤さん夫妻の事例を学んだ。

 現在、同省も国内十二カ所で中小企業支援を手掛けており、今後七十七県に拡大するという。職員にアドバイスを求められた小出宗昭センター長は「ビジネスプランを考えるだけでなく、起業家の一番光る何かを見つけ出すのが大事」と話した。

 同国東北部ウドンタニ県の支援センターに勤務するアディソン・タンノイさん(33)は「起業時にアドバイスするだけでなく、その後もずっと支援するという話が印象に残った。成功した民間経営者をゲストアドバイザーに招くことや、(エフビズと同じく)公設民営のセンター設置を提案してみたい」と話していた。

(前田朋子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索