トップ > 静岡 > 1月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

大学センター試験始まる 県内試験場はトラブルなし

 本格的な入試シーズンの幕開けとなる大学入試センター試験が十三日、全国の六百九十五会場で始まった。日程は十四日までで、志願者数は前年度より六千七百四人増の五十八万二千六百七十一人。大雪の影響のほか、センター側の説明ミスもあり、全国二十四会場で試験時間の繰り下げがあった。試験は大学・短大の八百四十八校が参加し、うち大学は過去最多の六百九十七校に上る。短大は百五十一校が利用する。

 静岡県内では十三日、静岡大や浜松医科大など二十一会場で初日の試験があった。各科目の受験者数は地理歴史・公民が一万三千八百三十七人、国語が一万五千五百六十三人、外国語筆記が一万五千八百四十七人、リスニングが一万五千七百四十三人だった。

 初日の試験で、県内で遅れやトラブルは報告されていない。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索