トップ > 静岡 > 1月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

初春スーパームーン 2018年最大

富士山の後ろから昇る、地球に最接近後の満月=2日午後5時26分、静岡市葵区の勘行峰近くで

写真

 二〇一八年最大の満月が二日夕方、富士山の奥から昇ってきた。大きな満月は静岡市葵区井川のリバウェル井川スキー場近くの勘行峰(かんぎょうみね)の林道から見えた。

 二日は、月が地球に最も近づくスーパームーンの日。国立天文台によると、月は午前六時四十九分に最接近し、午前十一時二十四分に満月になった。最接近の月は、小さな満月に比べて見た目の直径は14%大きく、30%明るく見えるという。最接近のスーパームーンの月から少し時間は過ぎたが、明るく大きな満月は富士山を後ろから照らし出し、明るく夜空に輝いた。

(立浪基博、写真も)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索