トップ > 静岡 > 11月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

迫力稽古間近で 24年ぶり大相撲掛川場所 

大相撲掛川場所のポスターを掲げPRする枝川秀樹親方(左)と松井三郎市長=掛川市役所で

写真

 大相撲掛川場所が来年四月九日に掛川市大池の総合体育館「さんりーな」で開かれる。横綱や大関ら力士百六十人による公開稽古や取り組み、わんぱく相撲などを繰り広げる。日本相撲協会巡業部の枝川秀樹親方(47)=元蒼樹(あおぎ)山=が九日、市役所を訪れ、松井三郎市長に見どころをアピールした。

 同市内での地方巡業は二十四年ぶり。相撲の普及や地域活性化を狙いにNPO法人掛川市体育協会などでつくる実行委員会が誘致した。幕内力士と触れ合う握手・サイン会をはじめ、子どもたちとの「ちびっこ普及稽古」もある。

 枝川親方は「テレビでは見られない迫力ある稽古や、本場所と違うリラックスした力士とも接することができる。子どもたちに良い思い出にしてほしい」とアピールした。現役力士だった前回の掛川場所では袋井市内の民家に泊めてもらったと振り返り、「今で言う民泊で、懐かしく良い思い出」と話した。

 チケットは「さんりーな」=電0537(22)5553=などで十一日から販売する。

(赤野嘉春)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

衆院選2017 静岡

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索