トップ > 静岡 > 10月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

しずおか・焼津 信金合併 来年6月に前倒し

 しずおか信用金庫(静岡市葵区)と焼津信用金庫(焼津市)は、二〇一九年二月をめどとしていた対等合併の時期を、一八年六月二十五日に前倒しする方針を固めた。関係者が十二日、明らかにした。

 両信金が利用する共通システムが一八年十月九日に更新されることになっており、運営する「しんきん共同センター」(東京)から、この前後の合併を避けるように通達が出ていた。このため、両信金は当初、新システムに移行後の一九年二月を合併のめどに設定していた。

 しかし、合併を前倒しした方がいち早く経営基盤を強化することができ、合併後の経営戦略も打ち出せることから、共同センターの了解を得て一八年六月二十五日に合併する方針を両信金間で確認した。合併後の信金名は引き続き検討している。

 合併後の預金残高は一兆三千九百十二億円となり、一九年二月をめどに対等合併することに合意している浜松信用金庫(浜松市中区)と磐田信用金庫(磐田市)に次いで、県内二位となる。

 一方、浜松信金の関係者は、磐田信金との合併時期について「前倒しは現時点では検討していない」としている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

衆院選2017 静岡

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索