トップ > 静岡 > 10月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

隈取りなど多彩 「浜名湖おんぱく」プログラム公開

小松楼まちづくり交流館で隈取りを実演する湖西歌舞伎保存会のメンバー=湖西市新居町で

写真

 町歩きや釣り、食文化などさまざまな体験を楽しんで湖西市の魅力を感じてもらう「浜名湖おんぱく」が同市内などで二十二日から始まるのを前に、六日、体験プログラムの一部が公開された。参加申し込みは九日正午から受け付ける。

 今回は十一月十二日まで、二十六のプログラムが実施される。新居町商工会や市商工会、市、新居まちネットでつくる実行委員会の主催で四回目となる。

今切体験の里海湖館は選んだ魚をさばき調理する体験ができる=湖西市新居町で

写真

 プログラム公開のうち、新居町の小松楼まちづくり交流館では、湖西歌舞伎保存会のメンバーが隈(くま)取りを実演。おしろいや紅を使って三番叟(さんばそう)の隈取りを施した。メンバー代表の青島一郎さん(58)は「市外の皆さんにもぜひ興味を持ってもらいたい」と話した。隈取り体験は十一月三日と四日で、午前は三番叟、午後は白浪五人男の隈取りを体験できる。料金は千円。

 ほかにも、源頼朝が通ったという新居町の浜名橋周辺を歩く体験や、今切体験の里海湖館で魚をさばいて食べるプログラムの紹介もあった。今回から新所地区も加わり、女河八幡宮境内でのヨガ体験や、同地区の畑でのサツマイモ掘りと焼き芋体験についての説明もあった。申し込みは公式ウェブサイトやメール、電話から。問い合わせは浜名湖おんぱく事務局=電080(9111)5811=へ。

(片山さゆみ)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

衆院選2017 静岡

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索