トップ > 静岡 > 9月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

県9月補正予算案 24億5200万円

◆湖西署移転で1億8700万円

 静岡県は十三日、二十四億五千二百万円を追加する二〇一七年度一般会計九月補正予算案を発表した。高齢者や車いす利用者らに優しい「ユニバーサルデザイン(UD)タクシー」を普及させるための事業費や、清水港(静岡市清水区)で確認が相次いでいる南米原産の強毒アリ「ヒアリ」対策関連費などが柱で、二十日開会の県議会九月定例会に提案する。

 UDタクシーの普及に向け、県タクシー協会(静岡市駿河区)を通じて一台あたり十万円を補助するなど、障害者差別をなくすための事業費として三千万円を盛り込んだ。ヒアリ対策関連費は、侵入経路の調査や捕獲わなの設置、アスファルト舗装の補強をはじめとした定着防止対策費として五千万円を盛り込んだ。

 九州北部豪雨を踏まえた河川の防災対策では、土砂の撤去や砂防施設の設置など当初予算に計上した二十五億円に加え、新たに十億円を計上する。津波浸水区域にある湖西署の移転先は、旧湖西市民会館跡地を選定。用地取得費などに一億八千七百万円を計上した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索