トップ > 静岡 > 9月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

《経済》 コストコ高時給 小売業に波紋

県内初進出から10日たち、にぎわいが続くコストコ浜松倉庫店=浜松市東区で

写真

 米国系の会員制大型量販店「コストコ浜松倉庫店」が、浜松市東区に県内で初めてオープンしてから十日たった。買い物客で連日にぎわい、地元で五百人の雇用を生み出した。一方、人手不足が続く小売業界はコストコの高い時給に不安を抱えつつ、福利厚生といった勤務条件をアピールして人材確保を図る。

 十一日正午すぎ、コストコ浜松倉庫店。他の商業施設との共用を含めた約千八百台の駐車場は混雑し、「浜松」をはじめ、「豊橋」「静岡」といった他地域のナンバーも目立つ。入り口では五十人以上が並んで入店を待ち、従業員が会員証の確認に追われていた。

 運営するコストコホールセールジャパン(川崎市)によると、浜松店の従業員は、オープン期間の繁忙期に対応する短期アルバイトを含めて六百人ほど。うち百人がコストコの他店から異動してきた。

 静岡労働局によると、コストコの大量求人もあって七月の新規求人数のうち卸売業は、前年同月比51・2%の大幅増だった。コストコは従業員を現在も募集中で、時給は千二百五十円以上、一〜二カ月の短期アルバイトでも千百五十円以上としている。ハローワーク浜松がまとめた七月の求人賃金は、販売業務のパートで時給九百二十三〜千四十二円で、コストコの好待遇が際立つ。コストコの担当者は「他社を意識したものではなく、全国一律で時給を設定しているため」と説明する。

 帝国データバンク静岡支店(静岡市葵区)の調査によると、パートやアルバイトなど非正社員の不足を感じる県内企業は32・5%に上り、小売業に多い。

写真

 求人広告情報誌「週刊求人チャンス」を発行する週刊テレビ(浜松市東区)の営業担当者は「コストコと同業種では時給に三百円以上の差があり、人材流出を心配する声もある。周辺の店では時給を上げる動きも出てきた」と明かす。ただ、求人の時給を上げるには既存の従業員の時給も上げる必要があり、動きは鈍いという。

 県西部を中心にスーパー三十二店を展開する遠鉄ストア(中区)の人事担当者は「人の移動の多い業界だが、目立った流出は起きていない」と話す一方、「中途半端な時給の上げ方では対抗できないし、同じ水準には到底できない」とも。遠鉄グループが持つ企業内保育園を例に「福利厚生をアピールして人材確保に努める」と強調した。

 商業集積による人出を見込み、コストコの向かいにスーパー「マム」を五月に出店したタカラ・エムシー(静岡市駿河区)。浜松地区担当者は「オープンが少し早かったので採用への影響はなかった。コストコほど時給は出せないので、勤務条件で求職者に歩み寄って確保を続けたい」と語った。

(山田晃史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索