トップ > 静岡 > 7月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

マダニから感染症 熱海の女性

◆草むらや畑で肌の露出注意

 静岡県は六日、熱海市の八十代女性がマダニから感染する「日本紅斑熱」を発症したと発表した。日本紅斑熱の患者数は増加傾向にあり、昨年の全国の患者数は過去十年間で最多の二百七十六人。県は草むらや畑などマダニの生息域では肌の露出を避けるよう注意を呼び掛けている。

 日本紅斑熱は、特定の菌を持つマダニに刺されてから二〜八日で発症。高熱や発疹が出て、重篤化すると死亡する場合もある。特効薬もあり死亡率は一%未満とされるが、県内では昨年までの五年間に五人の感染が確認され、うち二人が死亡した。

 県疾病対策課によると、女性は六月二十三日に発熱や発疹の症状が出た。マダニの刺し傷周辺の皮膚から菌が検出されたため熱海市内の病院で八日間入院。現在は回復している。

 マダニは体長二〜三ミリ程度だが、血を吸うと一センチほどに膨張する。一週間吸血し続けることもあり、かまれた痕は蚊よりも一回り大きい。後藤幹生課長は「草木が多い場所に行く場合は長袖を着て首にタオルを巻くなどし、上着や作業着は部屋の中に持ち込まないようにするべきだ」と話した。

(松野穂波)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索