トップ > 静岡 > 4月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

浜松女性殺害3年 情報少なく捜査難航

 浜松市西区西山町の民家で無職の曽根栄子さん=当時(79)=が殺害された事件は、二十一日で発生から三年を迎える。この間、浜松中央署捜査本部に寄せられた情報は六十件ほどにとどまり、捜査は難航。二十一日は現場近くで、署員らが協力を呼びかける。

 事件は二〇一四年四月二十一日に発生。同居の長男が出勤し、帰宅するまでの午前八時〜午後七時の間、台所で首を切られて、殺害されたとみられる。

 捜査本部はこれまで、延べ二万五千人の捜査員を投入。現在も約三十人の態勢で捜査範囲を広げ、聞き込みなどを続ける。だが事件当日は雨で目撃情報が少なく、凶器や重要な遺留品は見つかっていない。

 署の佐々木晴彦刑事官は「曽根さんの話していたことや今になって思い出したことなど、事件と関係なさそうなことでも解決の糸口になるので、ぜひ教えてほしい」と訴える。情報提供は捜査本部=フリーダイヤル(0120)762288=へ。

(鈴木凜平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索