トップ > 静岡 > 2月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

静岡

県外に人口流出深刻

◆全国7番目 5年で1万1828人転出

写真

 総務省が二〇一五年十月一日現在で実施した国勢調査の移動人口集計結果を先月公表したのに伴い、県は十六日、前回一〇年の国勢調査時からの県内の移動人口集計を発表した。他都道府県への転出人口は五年間で一万一千八百二十八人に上り、全国で七番目に多かった。前々回の〇五年と一〇年を比較した時の転出人口は八百九人にとどまっており、人口の流出拡大が深刻化している。

 県統計調査課によると、一〇年の前回調査以降に静岡県に転入した人は十四万六千七十人で、静岡県から転出した人は十五万七千八百九十八人。転出先が最多だったのは愛知県で二万七千三百八十一人、神奈川県が二万六千五百十七人、東京都が二万六千三百五十六人と続いた。他都道府県からの転入と転出が最も多かったのは浜松市だった。

 総務省の住民票の移動調査によると、静岡県は昨年、六千三百九十人の転出超過となっており、全国ワースト4位だった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索