トップ > 滋賀 > 2月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

東京に連敗、波に乗り切れず Bリーグ・レイクス

 プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズは九、十日、東京都立川市のアリーナ立川立飛で、多くの日本代表選手を擁するアルバルク東京と対戦し、二連敗を喫した。八勝三十二敗西地区六位のまま。

 九日は70−83で敗れた。レイクスはマーカス・ブレイクリー選手とガニ・ラワル選手の二人がそれぞれ10以上のリバウンドを記録する活躍。特に、ガニ・ラワル選手はオフェンスでも8リバウンドと、ゴール下を支配した。しかし、相手のスティールからの速攻で得点を奪われレイクスは波に乗ることができず、東京に点差を広げられた。

 十日は65−70で敗れた。第2クオーター(Q)以降、各ポジションからバランス良く得点する東京の攻撃に苦しめられた。第4Qは、この日20得点と好調の高橋耕陽選手が奮闘。3ポイントシュートを残り十一秒で決め、3点差まで追い上げたが、あと一歩及ばなかった。

 次節は三月二、三日、敵地で京都ハンナリーズと対戦。次回ホームゲームは三月九、十日、ウカルちゃんアリーナに秋田ノーザンハピネッツを迎える。

 (柳昂介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索