トップ > 滋賀 > 2月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

滋賀ユナイテッドが今季初合同練習 独立リーグ

バッティング練習をする選手ら=皇子山球場室内練習場で

写真

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグのオセアン滋賀ユナイテッドは一日、大津市御陵町の皇子山球場室内練習場で、今季初の合同練習をした。成本年秀新監督の下、二十一人の選手が汗を流した。

 この日は、投球、打撃、守備などをバランス良く練習。昨年、夏の甲子園を沸かせた近江高の金城登耶投手や山田竜明内野手ら、新加入選手も監督やコーチからアドバイスを受けながら、練習に取り組んでいた。

 参戦二年目の昨季は、リーグ西地区五チーム中で、最下位に終わった。成本監督は「バッテリーを中心に守備を固めたい。リーグ戦で結果を残し、滋賀の人に少しでも喜んでもらいたい」と抱負を語った。

 主将の前本飛翔(つばさ)外野手は「いい雰囲気で練習ができた。個人としては、走力をアピールしたい」とチームとしての始動に満足した様子。エースとして期待される鈴木志廣投手は「身長を生かした力強いストレートや、落差のあるフォークを強みに、ドラフトで名前が呼ばれるよう頑張りたい」と意気込んだ。

 BCリーグは四月六日に開幕する。

 (柳昂介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索