トップ > 滋賀 > 1月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

西川貴教さんが県に250万円寄付 草津市には50万円

三日月知事(左)から七色のバラを受け取る西川さん=県公館で

写真

 滋賀ふるさと観光大使で県出身のミュージシャン、西川貴教さん(48)が十八日、昨年九月に草津市の烏丸半島で開催した「イナズマロックフェス2018」の収益金二百五十万円を県に、五十万円を同市に寄付した。

 琵琶湖の保全を掲げて二〇〇九年にスタート。十回目となった昨年は、三日間で過去最多の十五万人を集めた。チャリティーオークションも行い、売り上げ百八十八万円は烏丸半島の環境保全のために使われる。

 県公館では、西川さんが目録を三日月大造知事に贈呈。寄付が十回目となり、昨年、虹をテーマにした県の観光キャンペーンに協力したことから、三日月知事から感謝状と七色のバラの花束が贈られた。

 西川さんは「手探りで始まり、十年を迎えて、皆さんに楽しみにしてもらえているのがうれしい。環境と音楽を結び付けるイベントを続けるためには、琵琶湖の環境を守り続けなければいけない」と語った。

 その後、西川さんの発案で始まった近江米プロジェクトに参加した、湖南農高と長浜農高の生徒十人とも面会。草津市役所も訪れ、橋川渉市長に目録を贈呈した。

 今年のフェスは九月二十一、二十二日の開催を予定している。

 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索