トップ > 滋賀 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

外国籍の子も餅つき 湖南・水戸小

餅つきを楽しむ児童たち=湖南市水戸小で

写真

 湖南市の水戸小学校で十一日、外国にルーツを持つ児童も含めた六年生六十八人が、餅つきを楽しんだ。

 日本文化の良さを知ってもらおうと企画し、学校支援ボランティア十人も協力。二つのクラスごとに、木の臼ときねで餅をついた。

 周囲に工業団地のある同校は、外国にルーツのある児童が約23%を占める。六年生にも十一人いて、そのほとんどが餅つきを体験するのは初めて。

 重いきねを振り上げることができない児童もいたが、ボランティアらの「よいしょ!」という掛け声に乗せられ、徐々に力が入っていった。つき終わると、きな粉や砂糖じょうゆにまぶしてほお張った。

 四年生の時に来日したペルー出身の松田セバスティアン君は「ペルーに餅はない。一個にしようと思っていたけど、おいしかったので三個も食べた」と笑顔。静岡県で長くブラジル人学校に通っていたというダ・シルバ・マテウス君も「きねを振り下ろすのが楽しく、餅も軟らかくておいしい」と話していた。

 (築山栄太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索