トップ > 滋賀 > 1月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

滋賀

災害時にFM6局が協力へ 「県防災ラジオ協」発足

県防災ラジオ協議会の合意書に調印した県内FM6局の代表者=大津市内で

写真

 県内のFMラジオ六局でつくる「県防災ラジオ協議会」が、十日に発足した。全国で自然災害が相次ぐ中、大規模災害発生時に放送ができなくなった事業者への支援など、局の枠を超えた協力体制を構築していく。

 協議会のメンバーは、エフエム滋賀(大津市)、NHK大津放送局の県域二局と、エフエムひこねコミュニティ放送、びわ湖キャプテン(東近江市)、えふえむ草津、FMおおつのコミュニティー放送四局。災害時の一定の範囲での情報共有や、被災を想定した放送訓練の実施、県民の防災意識を高める番組の共同制作、イベントの実施などで協力する。

 昨年四月に開局したFMおおつを除く五局は、二〇一二年に共同で防災特別番組を放送する覚書を締結した。今回の協議会設立で、加盟局数を増やし、災害時の協力体制も強化する。

 大津市内で同日、各局の代表者が記者会見して発表。合意書に調印した後、エフエム滋賀の二反田隆治社長は「防災意識が低い県民への普及啓発が、協議会の役割。ラジオが防災にいかに役立つかを模索しながら、一緒に取り組んでいきたい」と話した。

 二月十一日午後一時からは、防災特別番組を共同で放送する。

 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索